生きるってなんですか?まめおのブログ

不労所得、セミリタイヤを目指しています。交代勤務、肉体労働で身体がボロボロです。身体のセルフケアの追求をしています。

さて今年から、どう生きていきましょうか

無駄に学生を続けている枝豆です。
学生リミットも迫っている訳ですから、色々と考える訳です。


どこかに就職して、ずっと働いて、定年後は年金で♪

っていうジパングはもう無い訳であります・・・

今までの定番的な生き方は、年功序列とか終身雇用が可能だった時の話です。
人口がピラミッド型でないと無理な訳です。

これからは人口が筒型になります。
となると、年金という下から上に回すシステムは成り立たない訳です。
しかも、2人に1人が払ってないという話も聞きます。

年金破綻はないとしても、結局は税金ですから消費税あげるなりして、どこからか搾り上げるしかないので、どのみち国民の暮らしは苦しくなります。


トヨタに就職して勝ち誇っていた友人を懐かしく思う今日この頃です。

 
枝豆の人生観は楽主義です。楽に生きて行ければいいのです。
努力とか苦労のたぐいは糞です。

一度きりの人生で、わざわざドMな生き方はゴメンでございます。

努力して成功して金持ちってのが褒められますが、周りより努力したんですから、それだけ金持ちになって普通だと思います。

みんな生きていく為に働くわけであります。働きたくて生きている奴なんていないでしょう。

人間なんて猿と似たり寄ったりの生き物です。

箕面の猿を観察しても、毎日たいして何もしていません。
猿ってのは基本的にノラです。

なので、人間も基本的にノラだと思います。


楽だけ追求したら自給自足の生活で、細々と生きたら社会的束縛もなく楽だと思う。

しかし、枝豆は都会っ子として育ってしまったので・・・
金があれば楽に生きれるという感覚に染まっている訳です。

この感覚は死ぬまで抜けないでしょう。

となると、都会で生きていく選択です。都会は金金金です。


結局、稼がないとダメです。稼ぐために働くと自由がなくなります。
自由がなくなると楽主義に反します。


となると、好きな仕事をして稼いで生きれば楽な訳です。

自分の天職が見付かればOKだけど、何が天職なの?って話です。

アダムスミスによれば天職なんて存在しないと言っています。


今日は、何が言いたいのかワケワカメになりました♪

いい歳なんですが、もひとつ目標とか夢とかたいした願望もなく生きています(汗
昨日の手相屋にも「まったく欲がないよね」って言われました(泣
しかし、金持ちには嫌でもなるらしいです(ニヤニヤ


なんか、笑いの思い出がいっぱいで死ねたらイイって感じの楽主義です。

思い出づくりの為に、生きていくのが1番面白く生きれそうな予感です。


結局、今年も、今まで通り生きていくと思います。

三つ子の魂、百までも♪